【結果発表】みんなで2018年のベストアルバムを決めよう【今更すぎる】

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どーも、maikiです。

さて、2019年がもう1/6終わりましたよ。早いですね。

 

それなのに今更こんな企画を引っ張り出して結果発表をしようとしてますよ。バカなのかな。

【参加型企画】みんなで2018年のベストアルバムを決めよう【今更】
どーも、maikiです。 今回はかなり手抜き記事です。 というのも、今回は皆さまの記事のネタを作ってもらおう!ということで参加型企画にしているからです。 本当は2018年内にしたかったのですが、飲み歩いてたせいで出来ませんでした。 ...

 

ちなみにtorchwriterの2018年ベストアルバムの記事はこちら

【集大成】年間ベストアルバム・ベストソング【2018】
torchwrite5名のライター全員が参加した初の記事。2018年のベストアルバム・ベストソングを語りつくす。

 

 

いや、どうしてこんなに遅くなったかというと

全部聴いたんですよ。投票に上がってるアルバムを。(ただの言い訳)

でも改めて2018年は名盤が多かったんだなと思えました。良かった。

 

それでは!!!

発表です!!!(第四位まで)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第一位

#5/凛として時雨

(コメント)

まぁ僕のTwitterアカウントから拡散したので当たり前の結果と言われればそうとしか言えないが、それを考慮してもこのアルバムの完成度はランキング一位に相応しいものとなっている。再三再四に繰り返す転調と緩急、それらが形成した狂気に圧倒されるばかりだ。

ラスト、そしてタイトル曲である「#5」「傍観」「Missing ling」に次ぐ静寂と狂騒を孕んだ圧巻の一曲となっている。彼らの「今」を聴くには十分すぎる一枚だろう。

 

#5
カテゴリ: ロック

 

スポンサーリンク

第二位

時の肋骨/THE PINBALLS

(コメント)

12曲から構成されたコンセプトアルバムのような物語性を持った一枚。時(=24時間)の肋骨(=左右で24本)というなかなか凝ったタイトル。一日が死んで一日がまた生き還るような「生と死」というコンセプトを細部まで考えて、練り込んで作られたアルバムであることは一聴するだけで看取出来るだろう。轟音を掻き鳴らす彼らのサウンドに酔いしれるばかりだ。

 

Chronos’ Rib
カテゴリ: ロック



スポンサーリンク

第三位

Kodomo Rengou/People In The Box

(コメント)

彼らのサウンドは僕の錆びれた感性を常に全力でぶん殴ってくれる。個人的にはGhost Apple(2009)Family Record(2010)などの名盤に引けを全く取らない一枚になっている。「無限会社」など奇天烈かつキャッチ―な曲、「デヴィルズ&モンキーズ」などの終末感を感じさせる曲、「夜戦~かみさま~僕は正気」のようなピープルの真骨頂でもある曲順の展開、彼らが築き上げた王国に相応しい凱歌がこの一枚にすべて揃っている。

Kodomo Rengou
カテゴリ: ロック

 

スポンサーリンク

第四位(同率)

ONE!/ネクライトーキー

(コメント)

アルバム全曲レビューは以下の記事で既にしているので多くは語らないが、間違いなく「2018年のベストアルバムは?」と聞かれたらこのアルバムを推すだろう。

【追記あり】【ハム太郎とは言わせない】ネクライトーキーはあらゆるロックをミキサーにかけた。【アルバムレビューもあり】
2019年最重要バンド「ネクライトーキー」。バンドの紹介と2018年12月にリリースされた1stアルバム「ONE!!」の全曲レビュー!! 追記でLIVEレポートもあるぞ!

2019年は様々なフェスや対バンに引っ張りだこだ。文句なしに売れてほしい、もっと知名度が上がってほしいアーティストの筆頭であることは間違いない。

One!
カテゴリ: ロック

 

スポンサーリンク

第四位(同率)

MODE MOOD MODE/UNISON SQUARE GARDEN

(コメント)

UNISONが本領を発揮してきた。彼らの文明は常に発展しており、彼らのサウンドにはいつも揺さぶられている。本作品は彼らが持っているポップネスという武器でシュガーソングとビターステップに出来てしまったバブルの泡を壊した。それは完全に狙い通りで、彼らのモードに一曲目から持っていかれることであろう。内容ももちろんのこと、このアルバムに含蓄されたミーニングも相俟っての快作となっている。

Mode Mood Mode
カテゴリ: J-Pop

 

スポンサーリンク

第四位(同率)

タイム・ラプス/きのこ帝国

(コメント)

タイトルの「タイム・ラプス」は同じ場所で一定の間隔を空けて撮影した静止画をつなぎ合わせて動画のような映像を作る手法のこと。正に本作品はそのようなアルバム構成となっている。各々の曲が、そして各々のきのこ帝国というバンドの歴史が意味を成し、本作品「タイム・ラプス」を創り上げている。一聴すればノスタルジックで過去を夢想するような余韻に溺れることが出来る一枚だ。

Time Lapse
カテゴリ: ロック

 

スポンサーリンク

投票結果

2018年のベストアルバムは?
  • #5/凛として時雨 21%, 19
    19 21%
    19 票 - 総投票数の21%
  • 時の肋骨/THE PINBALLS* 12%, 11
    11 12%
    11 票 - 総投票数の12%
  • Kodomo Rengou/People In The Box 10%, 9
    9 10%
    9 票 - 総投票数の10%
  • ONE!/ネクライトーキー 7%, 6
    6 7%
    6 票 - 総投票数の7%
  • MODE MOOD MODE/UNISON SQUARE GARDEN 7%, 6
    6 7%
    6 票 - 総投票数の7%
  • タイム・ラプス/きのこ帝国* 7%, 6
    6 7%
    6 票 - 総投票数の7%
  • 涙のゆくえ/Hump Back 4%, 4
    4 4%
    4 票 - 総投票数の4%
  • 若者たちへ/羊の文学* 3%, 3
    3 3%
    3 票 - 総投票数の3%
  • ムスカイボリタンテス /バズマザーズ 3%, 3
    3 3%
    3 票 - 総投票数の3%
  • AHA/MONO NO AWARE* 2%, 2
    2 2%
    2 票 - 総投票数の2%
  • A Brief Inquiry Into Online Relationships/the 1975* 2%, 2
    2 2%
    2 票 - 総投票数の2%
  • I DO (NOT) LOVE YOU./キタニタツヤ* 2%, 2
    2 2%
    2 票 - 総投票数の2%
  • -11℃/BIGMAMA* 2%, 2
    2 2%
    2 票 - 総投票数の2%
  • #1/江沼郁弥 2%, 2
    2 2%
    2 票 - 総投票数の2%
  • yume/Maison book girl* 2%, 2
    2 2%
    2 票 - 総投票数の2%
  • MIRRORS/ヤなことそっとミュート* 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 総投票数の1%
  • Chasing the Horizon / MAN WITH A MISSION* 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 総投票数の1%
  • 歓声前夜/SUPER BEAVER* 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 総投票数の1%
  • GOLD /Age Factory 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 総投票数の1%
  • 手/teto* 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 総投票数の1%
  • なんて素晴らしき世界/Tempalay 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 総投票数の1%
  • ファックフォーエバー/日本マドンナ 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 総投票数の1%
  • the Telephone/リーガルリリー 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 総投票数の1%
  • Boys just want to be culture/PELICAN FANCLUB 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 総投票数の1%
  • 美しい終末サイクル / JYOCHO* 1%, 1
    1 1%
    1 票 - 総投票数の1%
  • odd foot works(2018) /踊 foot works 0%, 0
    0
    0 票 - 総投票数の0%
総投票数: 89
投票者数: 63
2019-01-11 - 2019-02-28
投票は閉じられました

 

スポンサーリンク

最後に

いやぁ遅れてしまって本当に申し訳ございません‥

でも普段聴かないようなアーティストもいたのでとてもいい機会でした。

 

皆さんもこれを機に色んな音楽を聴いてみてはいかがでしょうか~~

コメント