16年前の今日、NUMBER GIRLが解散したんだって

スポンサーリンク
コラム
destructionbaby.files.wordpress.com
スポンサーリンク
スポンサーリンク

16年前の今日、11/30にある伝説のバンドが解散した。

 

透明少女/NUMBER GIRL

 

そう、NUMBER GIRLだ。

 

正直、リアルタイムであの熱気に触れることが出来なかったし、NUMBER GIRLを聴きはじめたのは影響されたバンドを聴いた後だった。

ASIAN KUNG-FU GENERATION凛として時雨きのこ帝国Base Ball Bear…と挙げればキリがないほど彼らの影響を受けたバンドを聴き漁っていた。

 

N.G.S/ASIAN KUNG-FU GENERATION (2003)

 

Girl meets NUMBER GIRL/きのこ帝国 (2012)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NUMBER GIRLとの出逢い

しかし、YouTubeで音楽を漁っていた頃、一つの動画に出逢った。

OMOIDE IN MY HEAD/NUMBER GIRL

 

衝撃だった。

何が衝撃ってラストライブが自分が当時いた札幌だったこと、会場の熱気、ステージ上でタバコを吸っているフロントマン、そしてその人の演奏MC

すべてに圧倒された。

 

あぁ、これが幾多の人々の人生を狂わせてきたバンド、NUMBER GIRLなんだなと頷けた。

 

そんなバンドも解散して、メンバーはそれぞれの道へと進んでいった。

 

スポンサーリンク

NUMBER GIRLに思いを馳せて

12月上旬、僕はZAZEN BOYSのライブに行く予定だ。

「福岡市博多区からやって参りました、NUMBER GIRLです。」

 

この口上でお馴染みの彼らだが、まさにその福岡市博多区 (正式に言えば中央区なんだけどそこは許して)で向井秀徳を観れるとは。福岡に来てよかった。

 

もちろんZAZEN BOYSそのものを楽しむのが大前提ではあるが、バンドは違えど少しでも当時の熱気をあのつかみどころのない最高のフロントマンから感じ取れればいいなとも思っている今日この頃だ。

コメント